慢性関節リウマチを治す方法:福祉制度の利用について

慢性関節リウマチを治す方法:福祉制度の利用について

関節リウマチの病気を持っていても地域で暮らしながら治療を進められるように、生活を支える様々な福祉制度が設けられています。
関節リウマチの患者さんが利用できる福祉制度には、身体障害者を対象としたもの、高齢者を対象としたもの、難病患者を対象としたものなどがあります。

身体障害者を対象としたサービスを利用するためには、まず身体障害者手帳を取得することが前提となります。
手帳取得の手順として、まず居住地の役所(福祉事務所)で申請用紙を入手し、医療機関が作成した診断書などとともに、役所に提出します。
その後、障害程度(1〜6級)が認定され、1〜2ヶ月ほどで障害者手帳が交付されます。

また平成18年から障害者自立支援法が施行されました。
これにより、障害福祉サービスを受けようとする人は、市町村から「障害程度区分」の認定を受けることが必要になりました。
区分は軽度の1〜重度の6区分に分かれており、利用できるサービス内容は、障害程度区分によって異なります。

自立支援法により、障害程度区分(支援の必要度合い)に応じた公平なサービス提供や、利用者本位のサービス体系への再編などが行なわれるようになりました。
しかし、福祉サービスを利用した際の食費等の実費負担や、利用したサービスの量などに応じた利用者負担(1割)が求められるため、実際には生活がし易くなったとは言えない人もいるようです。
負担額の上限の設定や、低所得者に対する負担軽減制度もありますので、福祉担当窓口に相談するなどして、今あるサービスを上手に使えるとよいと思います。

posted by 慢性関節リウマチを治す | | 福祉制度の利用

慢性関節リウマチを治す方法:関節リウマチの合併症

慢性関節リウマチを治す方法:関節リウマチの合併症

慢性関節リウマチは、全身の関節に炎症が起き痛む事が最もつらい病気ですが、肺、腎臓、胃、皮膚、神経、貧血など様々な内臓に合併症を伴いやすい病気です。
おもな合併症とその症状には、以下のようなものがあります。

●皮下結節…肘や後頭部などの皮下に、大豆ぐらいの大きさの硬いしこり(痛みはない)ができます。
●心膜症…心臓を包む膜(心膜)に炎症が起きます。
●胸膜炎…肺を包む膜(胸膜)に炎症が起きます。
●肺線維症…間質が繊維化して硬くなり、酸素交換が不十分になります。
●上強膜症…結膜が赤く充血します。
●末梢神経炎…手足がしびれる病気です。
●シェーグレン症候群…涙腺や唾液腺に炎症がおき、涙や唾液が出にくくなります。
●貧血…血液中の赤血球や血色素が減少した状態で、めまいなどを起こします。

中でもリウマチ患者さんは、ほとんどの人が貧血です。
それは、長い間炎症が続くために体のなかで赤血球をうまく作れなくなっていたり、薬の副作用による胃炎や胃潰瘍があり、少しづつ出血していたりするためです。
また、関節リウマチの患者さんによく見られる貧血には、血液中の鉄分不足によるものだけでなく、鉄分を吸収する能力が低下するために起こるものがあります。
この場合、鉄剤を服用しても、リウマチのために鉄分は体内でうまく利用されず、貧血が続くことが多くなります。
リウマチ自体を上手にコントロールしていくしかない場合もあるのです。

いずれにしても合併症を早期に発見し治療するため、定期的な診察と検査を受けることが大切です。

posted by 慢性関節リウマチを治す | | 関節リウマチの症状

慢性関節リウマチを治す方法:手術療法について

慢性関節リウマチを治す方法:手術療法について

関節リウマチでは一般に、薬物療法やリハビリでは病気の改善が難しく、手術をすれば生活の質(QOL)を向上できる場合に、手術療法が検討されます。

関節リウマチに対する手術療法は、関節破壊が起こる前に炎症部分を取り除く手術と、破壊された関節に対する手術の2つに分けられます。
前者は、炎症を起こしている滑膜を切除して病気の進行を抑える目的で行なわれる「滑膜切除術」です。
主に手の指、手首、肘、肩などの関節に行なわれます。
後者には、破壊された関節を固定する「関節固定術」と、人工的に関節を作り直す「人工関節置換術」があり、特に人工関節置換術は関節リウマチの手術ではもっとも多く行なわれています。
人工関節置換術は、破壊された関節部分の骨を切り取り、代わりに人工関節を固定して、関節が動くようにするのが目的です。
関節の部位では、膝がもっとも多く、次いで股関節、手指、肘、足首、肩、の順になります。
この手術では、早くから痛みがとれ、歩きやすくなるなど、関節機能の改善と、日常生活動作の回復において効果的です。
しかし、片方のみ膝関節に手術をした場合は、もう片方の膝関節に体重がかかることから、負担が増して症状を悪化させ、そちらも手術が必要になるケースが多いです。

長く闘病生活を続ける患者さんにとって、また、進学や就職を目指す若い患者さんにとって、手術療法は素晴らしい選択になります。
しかし、あくまで局所療法であること、1回の手術では済まないことが多いこと、術後にリハビリに費やす時間が必要なことなども覚えておく必要があります。

posted by 慢性関節リウマチを治す | | 関節リウマチの治療法

慢性関節リウマチを治す方法:装具療法について

慢性関節リウマチを治す方法:装具療法について

関節リウマチのリハビリの中に、装具療法という治療法があります。
装具には、関節の安静を保ち炎症を鎮める効果、関節の変形の進行を予防する効果、関節にかかる負担を軽減する効果などがあります。
つまり、装具を装着すること自体が治療となるのです。
関節リウマチの関節変形は個人差が大きいため、画一的な装具で患者さん全体に対処するのは困難です。
そこで装具は、強固な固定や過度の変形矯正は行なわないこと、患者さんが自分ひとりで装着が可能なこと、軽量であること、装着感がよいこと、などの点に留意して作られています。

しかし外見上の問題から、せっかくの装具を取り外してしまう人もいるようですが、そのために関節に負担をかけてしまうと、炎症と変形を進めてしまうことになりかねません。
治療を第一に考え、お医者さんがすすめるのであれば、積極的に装着したいものです。
軽量化や小型化も進んでおり、患者さんが使い易く改良されてきています。
例えば膝関節用の装具や手関節の保護具では、伸縮性のある補正下着用の生地が使用してあったり、面ファスナーで着脱し易く作ってあります。
その支持性を高めるための工夫や、通気性なども考えられています。

また、治療のための装具とは異なりますが、日常生活の動作を助けるために工夫された自助具もあります。
このほか、電動歯ブラシや、上下するだけの水道のコックなど、関節への負担を軽減できる物も市販されていますので、うまく活用してください。

posted by 慢性関節リウマチを治す | | 関節リウマチの治療法

慢性関節リウマチを治す方法:運動療法のポイント

慢性関節リウマチを治す方法:運動療法のポイント

人間の体は、動かさないところから弱っていきます。
とくに関節や筋肉、骨は、動かすことによってそれぞれの機能や新陳代謝が正常に維持され、強化されます。

関節リウマチの患者さんは、体を動かさずにいると、関節の働きがますます低くなり、体を動かすために必要な筋肉も減って、骨が弱くなっていきます。
動かないままでいると、やがて手足の関節や筋肉が固まって、動けなくなってしまいます。
それを防ぐために、関節の機能を維持する運動や、筋力を維持する運動が大切なのです。

運動療法のポイントは、関節を大きく動かし、痛みを感じるくらい力を入れることです。
これは関節の動く範囲を狭めないためです。
また、反動をつけずにゆっくりと行ないます。
筋力の強化のため、曲げ伸ばしの最後の動作で3〜5秒間しっかり力を入れます。
運動と運動の間には深呼吸をし、リラックスしてから次の運動に入ります。
自分の病状に合わせて行なうことを忘れず、翌日に疲れを残さないことが大切です。
最初は関節の痛みのために、ひとりでは十分に動かせませんが、理学療法士などの専門家に関節を痛めずに動かせる方法を指導してもらうとよいです。
手指、足、肩、膝など、全身の関節を動かすように組みたてられたリウマチ体操を、家事や仕事の合間に行なう習慣をつけるとよいでしょう。
一度にすべての体操ができなくても、手指の運動、膝や足の運動、など、機会を見つけて生活に取り入れて、毎日続けることが大切です。

posted by 慢性関節リウマチを治す | | 関節リウマチの治療法

慢性関節リウマチを治す方法:関節リウマチにおけるリハビリ

慢性関節リウマチを治す方法:関節リウマチにおけるリハビリ

関節リウマチの治療法には薬物療法、基礎療法、リハビリ、手術療法があります。
治療の中心となる薬物療法とほぼ同時に、リハビリが行なわれます。
リハビリは、症状の改善と、生活の不自由さの改善、つまりQOL(生活の質)の向上を目的としています。

リハビリの内容には、「理学療法」「運動療法」「作業療法」「装具療法」の4つがあります。
このうち、関節リウマチの痛みや腫れ、こわばりをやわらげる方法は、理学療法にあたります。
主に温熱、赤外線、超音波、水や氷などの刺激を利用して炎症を抑え、痛みをやわらげる方法です。

炎症で関節が腫れて痛みも激しい急性期には、症状が出ている関節をサポーターや装具で固定し、安静にしていると腫れや痛みもしだいに治まってきます。
このときには、ぬるめの入浴や手足の部分浴などで関節を温めると、関節の周りの血流がよくなり、痛みやこわばりが軽くなります。
このような温熱療法は、専門機関で行なわれる赤外線や超音波療法、レーザー療法などの電気療法のほかに、家庭でも簡単に自分で行なえるものもあります。
入浴、部分浴、ホットパック、蒸しタオル、また温泉療法、温水プールを利用する方法などです。
朝のこわばりが全身に感じられるときには入浴が効果的である、と、毎日朝風呂に入る患者さんもいます。

しかし、腫れて熱を持っている関節は、冷やした方が気分が良くなる場合も多いのです。
その場合は、痛みのある関節だけを氷や冷湿布で冷やすようにしてください。
温めるか冷やすかは、ケースバイケースで行ないます。

posted by 慢性関節リウマチを治す | | 関節リウマチの治療法

慢性関節リウマチを治す方法:ステロイド薬について

慢性関節リウマチを治す方法:ステロイド薬について

ステロイド薬は、抗炎症作用と免疫抑制の作用が強力で、劇的に痛みを抑える効果があります。
しかし、大量に使ったり、長期にわたって使い続けると、重い副作用が出ることがわかっています。
しかも急に薬を中止すると、リバウンドといって症状を悪化させることがあります。
そのため関節リウマチの患者さんには、血管炎や胸膜炎などの重い全身症状がある場合に限って、ステロイド薬が使われることが一般的です。
しかし最近では、抗リウマチ薬を使い始めたときに、その効果がまだ出てこない間の炎症を抑えるために、少量のステロイド薬を短期間使うこともあります。
また、冠婚葬祭などで一時的に痛みを抑える必要があるときにもお医者さんに相談すると処方されることもあります。

副作用としてよく知られているのが、顔面が丸くむくむムーンフェイスですが、そのほか肥満や食欲不振、不眠、だるさなど、副作用と気付きにくい症状もあります。
糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化、血管炎、骨粗しょう症、白内障、緑内障、ステロイド潰瘍のような重い副作用が起こることもあります。
これらの副作用は患者さんの誰にでも必ず起こるわけではありませんが、初期に自覚症状がほとんどないため、体重、血圧、血糖、コレステロールなどの定期検査を行なって早期発見に努める必要があります。

ステロイド薬は効果が確実ですが、頼り続けるとこのように重い副作用が出ますので、お医者さんに指示された服用法を必ず守ることが大切です。

posted by 慢性関節リウマチを治す | | 関節リウマチの治療薬

慢性関節リウマチを治す方法:非ステロイド抗炎症薬について

慢性関節リウマチを治す方法:非ステロイド抗炎症薬について

非ステロイド抗炎症薬は、関節リウマチの治療によく使われる薬です。
この薬には炎症を抑えるとともに解熱や鎮痛の作用があり、他の関節痛や筋肉痛など、痛みを伴う病気の治療に広く使われます。

ほとんどの場合、薬を服用してから1〜2時間後という早さで効果があらわれ、炎症を抑える効果も並行してみられます。
そのため、初期の関節リウマチや、軽度の関節リウマチ患者には、非ステロイド抗炎症薬を使って痛みが抑えられ、この薬だけで炎症が治まる場合もあります。
しかしそのとき起こっている炎症を抑えるには効果がありますが、炎症の進行や広がりを阻止したり、関節の破壊を止める作用はありません。
あくまでも、炎症による痛みを抑えるための薬なのです。
そのため実際の治療では、抗リウマチ薬と併用して使うことが多くなっています。

非ステロイド抗炎症薬は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、腎臓機能障害など、重い副作用を起こす頻度が高いことがわかっています。
そのため、副作用をできるだけ少なくするために、非ステロイド抗炎症薬は2剤を併用したり、1剤だけでも長期にわたって使い続けるのはよくないとされています。
また、無症状のまま経過する副作用もあるため、定期的な血液検査、尿・便の検査を受けることが大切です。

非ステロイド抗炎症薬には、内服薬の他に座薬、塗り薬、貼り薬という外用薬もあります。
これらの外用薬は、副作用の心配も少なく、患者さんが痛みの程度に応じて自分で使えるので便利です。

posted by 慢性関節リウマチを治す | | 関節リウマチの治療薬

慢性関節リウマチを治す方法:抗リウマチ薬について

慢性関節リウマチを治す方法:抗リウマチ薬について

関節リウマチに使われる薬のタイプは大別すると「抗リウマチ薬」「非ステロイド抗炎症薬」「ステロイド薬」の3種類です。
病気の発症と免疫の関係が解明され、関節リウマチは自己免疫疾患であると考えられるようになり、現在では早期から、免疫に働きかける「抗リウマチ薬」を使うようになっています。

「抗リウマチ薬」は、免疫に働きかけて関節の炎症を抑え、病気の進行を抑えることができる薬です。
しかし、痛みを鎮める働きや、即効的に炎症を抑える働きはありません。
この薬の効果は、服用し始めてから普通2〜3ヶ月後にあらわれることが多いです。
効果は検査によって赤沈やCRPの値にあらわれ、リウマチ因子にも改善がみられます。
一般的にゆっくりと効果があらわれる薬ですが、いったん効果が出てくると、長期間にわたって持続します。
そのため、関節リウマチの炎症が起きず「寛解(関節炎症が治ったように見える状態」にすることができます。
これは種々の薬の組み合わせの効果によるもので、実際の治療では、関節炎の再発と新たな発症に備えて、効果のあった抗リウマチ薬の服用を続けることになります。

「抗リウマチ薬」には、その働きによって免疫調整剤と免疫抑制剤がありますが、現在もっとも注目されているものに生物学的製剤があります。
これは、特定の物質だけに働きかける抗体を作って体内に注射し、炎症を引き起こす免疫反応だけを制御しようというものです。
この薬は日本でも認可され使用されているもの、臨床試験が行なわれているものがあり、期待が持たれています。

posted by 慢性関節リウマチを治す | | 関節リウマチの治療薬

慢性関節リウマチを治す方法:膠原病について

慢性関節リウマチを治す方法:膠原病について

人の体は何億という小さな細胞から出来ています。
この細胞がばらばらにならないようにつなげる役割をしているのが「膠(にかわ)」つまりコラーゲンというたんぱく質の一種です。
膠は皮膚、筋肉、骨、軟骨、靭帯・・・とほぼ全身にあります。
そして全身の皮膚や筋肉、関節、血管などが侵される病気を、総称して膠原病(膠に原因がある病)と呼ぶようになりました。
膠原病には慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎・皮膚筋炎、多発動脈炎、リウマチ熱、、シェーグレン症候群、混合性結合織病などがあります。

膠原病に共通して見られるのは、原因不明の発熱や湿疹、関節の痛みなどの症状です。
これらの症状が見られたときは、まず膠原病に特徴的な徴候があるかどうか全身の診察をします。
膠原病に特徴的な徴候とは、脱毛、口内炎、眼や口の中の渇き、手指のしびれ、爪の変形、また冷たい水につけると手足の先が白く変化し、しびれが見られるか、などです。
全身の診察で膠原病が疑われると、血液検査、レントゲン検査、尿検査などを行ない、確定診断を行ないます。

治療は全般的に副腎皮質ステロイドホルモンによるステロイド治療を行ないます。
その他、関節リウマチに対する抗リウマチ薬や免疫抑制剤のように、膠原病の種類によって特徴的な治療法もあります。
それぞれの種類の膠原病に劇的に効果の見られる薬もありますが、副作用もあるため使用法が難しく、専門医の指導が必要です。

posted by 慢性関節リウマチを治す | | 膠原病について